未分類

瓦と枝垂れ桜

枝垂れ桜が美しい岩見沢のお寺さん。
この境内を設計された方はその翌年、岩見沢市議になられ現在も活躍していますが、当時からとても清冽な印象のある方で、企画より意気投合しとても楽しく仕事をさせて頂いた覚えがあります。
このたび8年ぶりにメンテに訪れ、その方にお会いしましたが、真摯で清冽な印象は相変わらずで、このような人物を議員に持つ岩見沢市民が、心底羨ましく感じました。
政治家はすべからく基本このような人物が生業とすべきなのだと思いますね。
人間長く生きていると様々な人物に出会いますね。
なんかやな印象の人だなぁと思っていたら、後々詐欺で逮捕されていたとか、自称高潔な孤高の侍とうたっていながらその実ちいさな権力をたてに振る悪代官崩れとか。
口の上手いだけのこのような人物は出来る限り政治家にはならないでほしいですね。
あっ、あと瓦職人にいてもやだなあ。
(この際自分の事は棚に置きます 笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です